FC2ブログ

28平米の1K食堂。

ARTICLE PAGE

サルデーニャのマンマのミートボール。@Massimoさんのイタリア料理教室

2018-10-301.jpg


香港料理
台湾料理
インド料理
さまざまな地域の料理を学んでは作り、
お弁当の多国籍感がただでさえハンパじゃないのに、
また新たな国へと足を踏み入れてしまいました。
今回はお好きな方も(特に女子)多いかと思われる
「イタリア料理教室」です。

以前とあるお料理教室でご一緒した方がお薦めされていて、
タイミングが合えば参加したいな…と思っていたところ、
合ってしまったのですよ。タイミングが。

そんなわけでお料理が超美味しい上にイケメン!と噂の
Massimo先生のところへ行って参りました。


ブログランキング・にほんブログ村へ


PA300069.jpg


今日習ったお料理は以下の5品。

1、ヤリイカとトレビスのソテー(Calamari e radicchio in padella)
2、サルデーニャ風ラザニヤ温泉卵乗せ(Pane Frattau)
3、タラゴンと白ワインのポルーペッテ(Polpette al dragoncello)
4、パセリとニンニク風味の茹で人参(Carote aglio e prezzemolo)
5、カーニバルの甘いお菓子(Meraviglias)

まずは、食事の最後にエスプレッソと共にいただく
「カーニバルの甘いお菓子」から作ります。
生地はボウルでまとめ、台の上でこねた後、
こうしてパスタマシンで伸ばします。
道具マニアとしてはこういう光景を目にすると
ついつい欲しくなってしまう。悪い癖だわ。


2018-10-30.jpg


それを不思議なカッターで様々な形に切り分け、
油で揚げていきます。


PA300078.jpg


形によって食感がだいぶ変わるそうで、
「後で食べ比べてみてくださいね。」とMassimoさん。
これは楽しみです。

さて、今回参加したMassimoさんのクラスは、
イタリア料理のコース仕立てになっています。
全部作って一気に食べるのではなく、
一品ずつ作っては食べ、作っては食べ、というスタイル。
これは初めての体験です。

そんなわけで、次に作るのはアンティパスト。
いわゆる前菜ですね。
今回は「やりいかとトレビスのソテー」を習います。


PA300080.jpg


材料をそれぞれ切ったら
ニンニクと唐辛子を炒め香りがついたオリーブオイルで炒め、
塩で味付け、というすごくシンプルなお料理です。


PA300084.jpg


材料を切り始めてからここまで10分ちょっとで完成。


PA300088.jpg


なのにこれがものすごく美味しい!
トレビスの苦みとイカの風味が最高です。
合わせるワインは白。
他の参加者の皆さんは大変おいしそうに召し上がっていらっしゃいました。
いつものことながら、話にならないレベルの下戸なワタクシは
お水をいただきました。


PA300091.jpg


お次はプリモ・ピアット(Primo piatti)。
パスタやピッツァ、リゾットなどがそれにあたりますが、
今回は「パーネ・カラザウ(Pane carasau)」なる
サルデーニャの伝統的なうすーいパンを
ラザニア風に仕立てたものを作りますよ。
(って、作るのは先生だけど。)


PA300096.jpg


その薄いパンを肉の出汁で一枚ずつ軽く茹でてお皿に数枚並べたところに
トマトソースを塗り、ペコリーノチーズを振りかける、を数回繰り返し、
最後にゆるくボイルした卵をのせれば…


PA300101.jpg


これまたあっという間に完成!
トマトソースとお肉の出汁を取るところから始めたら
当然もっと時間はかかります。


PA300104.jpg


ここからは赤ワインで。
私は引き続き水で。


PA300107.jpg


これがパスタを使ったラザニアとは全く違う。
とろけるような柔らかさなんだけれど、
パーネ・カラザウ特有の食感がすごくいい!
これ、私だったら朝ごはんにしたい。


PA300117.jpg


最後に作るのはセコンド・ピアット(Secondi piatti)。
肉や魚を使ったメイン料理。
今回のクラスのタイトルにもなっているミートボールがそれ。

お肉に練り込まれたイタリアンパセリの風味と、
炒め煮にする際に加えたタラゴンの香りがこのお料理の肝。


PA300118.jpg


付け合わせはパセリとニンニク風味の茹で人参。
温かいうちに早速いただきます!


PA300122.jpg


今までいろいろなミートボールを食べてきましたが、
これは初めての味わい!
使う主な材料は和食や中華のそれと変わらないのに、
ハーブやスパイスでこんなにも違ってくるのか…と驚きです。
食べた感じもふっくらと柔らかで美味しいんですよ。

最近野菜中心の食生活だったので、
牛肉は数か月ぶりにいただきました。
自分で作る時には鶏ひき肉にしちゃおうかな…と思うのですが、
それだとやはり、風味や食感が変わってしまうよなぁ。
まぁいいや。一度試してみよう。


PA300123.jpg


締めはもちろんカフェ&ドルチェ。
エスプレッソと共に、最初に作った揚げ菓子をいただきました。


PA300124.jpg


Massimo先生が言っていたとおり、
形によって食感が全然違う!
ちなみに私は手前のねじねじしているものが
パリッとした歯ごたえで最も好みでした。

毎月レッスン内容が変わり、
同じメニュー構成は以後ほぼない、というMassimo先生のレッスン。
イタリア料理も素敵!と今日のレッスンで開眼してしまいました。


サルデーニャのマンマのミートボール (イタリア料理のTadaku料理教室)

好きな外国の料理・文化・言葉を体験しよう!Tadakuは、外国人の自宅で、英語や日本語を使って、外国人と楽しくお話しながら学ぶ料理教室です。日本でホームステイみたいな体験ができる!



また通いたいレッスンが増えてしまった!
料理教室は月2回までにしよう…との自分的決め事はどこへやら。
この分だと週1で通っても足りないぐらいだわ。
まぁ、唯一ともいえる趣味だし、いいか。


ブログランキング・にほんブログ村へ




関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply