FC2ブログ

28平米の1K食堂。

ARTICLE PAGE

本格タイ料理「プーニム・パッポンカリー」を作る!@タイ料理教室diidii(池袋)

2018-11-14.jpg


同僚や友人とランチっていうと、
「タイ料理がいい!」との声が度々あがります。
忘年会シーズンには毎年タイスキを囲む会を設けております。

ところが、この料理好きの私が
なぜかタイ料理を今まで自分で作ろうとしないまま
ここまで来てしまっておりまして。
おそらく、あの複雑な味を出すのは
難しかろう…と無意識に避けていたのだと思います。

そのタイ料理、様々なご縁があって、
素敵な料理教室と巡り会うことができ、
この度、初本格タイ料理に挑戦してきました!


ブログランキング・にほんブログ村へ

参加のきっかけは別のお料理教室で御一緒した方からの情報。
「一人ひとり調理できるので作り方も良くわかるし、
なによりお料理がとても美味しいんですよ。」とのこと。
そうしてお邪魔することになったのがこちら。


タイ料理教室diidii 東京池袋

豊島区池袋タイ料理教室ディーディー。ベジタリアンコースもある200以上のメニューを1人ずつ調理実習できる4名までの少人数料理教室です。




yukkoさんこと西大路有紀子先生が主催する
タイ料理教室「diidii」です。

毎回生徒は4名なのですが、
私が参加した回はうち3名が初参加ということで、
タイ料理はもちろん、食材のこと、
タイのことなど丁寧に説明してくださいました。


PB130036.jpg
📷こちら、タイの調味料。手前からナンプラー、シーユーカオ、シーズニングソース、オイスターソース。


ナンプラー以外は中華料理でも良く使いますが、
中華のそれとは塩加減や甘味が違います。

今回のレッスンは初参加にしていきなり
「プーニム・パッポンカリー」というなかなかハードル高めのメニューです。


PB130034.jpg


ソフトシェルクラブはネット通販で買えますが、
お店によって蟹の大きさや下処理の有無など、
クオリティーがだいぶ違う模様。


PB130042.jpg
📷脱皮したての「ソフトシェルクラブ」を揚げて、殻ごといただきます♪


ソフトシェルクラブは数蒸してから


PB130035.jpg


このように切りまして、揚げてお料理に加えます。

もちろん、作るのは一品ではありませんよ。
副菜とデザートも習います。


PB130041.jpg
📷一人ひとりに用意された調理器具と食材。これは頑張らねば!


副菜は「ヤム・ムー・マクア」という豚肉と茄子のスパイシーサラダ。
豚肉は茹でますが、茄子は生のままです。


PB130038.jpg


このお料理の決め手は絶対にタレ。
こんなタイの食材が入ります。
日本でいうところの薬味みたいな感じ。


PB130047.jpg


これをそれぞれ細かく刻み、
調味料と合わせ、
茹でた豚、薄切りにして水にはなっておいた茄子を
軽く絞って和えれば…


PB130053.jpg
📷生の茄子がこんなに美味しいなんて!このタレの味付け、神レベル。


あっという間に完成!
ま、お教室ではいろいろ説明を聞きつつなので
それなりに時間がかかりましたが、
家で作ったら割と短い時間で作れるメニューだと思います。

続いてはお待ちかねの蟹!


PB130044.jpg
📷このひと手間が大事なんだよなー。


初めに飾り切りなども施し、
丁寧に切った野菜を素揚げして、


PB130043.jpg
📷爆発注意。


粉をまぶした蟹も上げます。
その後、yukko先生レシピのたれを作り、
フライパンでサァァァァーーーっと炒めれば…


PB130052.jpg


黄金色に光り輝く「プーニム・パッポンカリー」ができてしまいました!
では早速、作り立ての熱々を
香り高きジャスミンライスと共にいただきます。


PB130050.jpg
📷このボリュウムで一人前(笑)。


タイ料理でも高級とされる「プーニム・パッポンカリー」を
自分でも作れるなんて。感動。
しかもこの味付けが最高で、
今まで食べてきたどのタイ料理屋さんのものより美味しい!と断言できます。


PB130055.jpg
📷女性に嬉しいアントシアニンたっぷりのデザート。


そして、締めのデザートのこれまた美味しいことといったら。
お料理が抜群に美味しい上に、
レッスンもとっても丁寧。
かつ先生のお人柄もこの上なく素敵!となれば
もう通わないわけにはいきません。
ということで早速、11月にあと1回、12月にも1回、
レッスンを予約してしまいました。


とろける旨さ!幸せ満点!プーパッポンカリー弁当。 - 毎日のお弁当

【本日のお弁当】□プーパッポンカリー(蟹と卵のカレー粉炒め)□ジャスミンライス□ヤムノーマクア(豚肉と茄子のタイ風サラダ)□柿□丸っと紫芋□茹でインゲンの胡麻和え【本日の弁当箱】インド式 ステンレス 3段ランチボックス...




食べきれなかったお料理は自己責任でお持ち帰りも可。
それを詰めたらまぁ豪華なお弁当になった11月14日。

最後はお茶をいただきながら、
タイのこと、タイ旅行のことなど、
いろんなお話を伺いました。
香港、台湾にもまだ行っていないのに、
タイも行きたい場所候補に入ってしまった。
いつか行く、その日を夢見て、
当分はyukko先生のレッスンで「タイ愛」を温めようと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply