FC2ブログ

28平米の1K食堂。

ARTICLE PAGE

「マサラ」で広がる南インド料理の世界!@サザンスパイス(西荻窪)

2019-01-23.jpg


久しぶりに渡辺玲先生主催、
「サザンスパイス」のレッスンに参加してきました。
テーマは「イチから始める南インド料理」。
「マサラ」料理各種を作り、
南インド料理の世界を広げる、というもの。

こちらの写真は「タミル式チキンマサラ」の
「マサラ」を作っている様子です。
これさえ作り置きしておけば、
本格的なチキンマサラが10分で完成します。


ブログランキング・にほんブログ村へ
マサラ、本当に便利で美味しい!



P1220017_20190129201823da2.jpg


マサラの出来を左右するのは玉葱の炒め具合によるところが大きい、と
経験上わかってきました。もうこれが根気のいる作業でして。
玉ねぎ炒め専用の小人さんがいてくれたら!と毎度毎度思います。
そうして出来上がったマサラにようやくチキンを投入したところ。


P1220025.jpg


ここまできたら後は弱火で蒸らすようにして加熱するのみ。
今回は南インドのタミル式ってことで
ホールスパイスはフェンネルシードが、
最後の仕上げにはココナッツミルクが入ります。

そのココナッツミルクを倍量加え、
やってしまった…のに美味しかったのが
今週の常備菜のヒトシナとなったカレーです。


今週の常備菜。「せせり」入りチキンマサラ作りました♪ - 常備菜

今日も今日とて料理教室。開始時間は午前10時。それまでに作れるだけ作ろう!と朝の7時から台所に立つ日曜日。とりあえず、出発前にこれらの品々をこしらえました。メインは先日のお弁当にも詰めたタミル式チキンマサラです!休みといえど、動いている方が調子が良い。...




レシピ通りに正しく作るとこの色。


タミル式チキンマサラ弁当。 - 毎日のお弁当

【本日のお弁当】□タミル式チキンマサラ□ゆり根のスパニッシュオムレツ□茹でアレッタ□茹で人参のニンニク風味□キャベツと玉葱のサブジ□白ごはん【本日の弁当箱】インド式 ステンレス3段ランチボックスやっぱり南インド料理を食すと体が軽い!...



次回は決して間違いませんように。


P1220003_20190129201821512.jpg


お次はこちら。
カシューナッツと白ごまを…


P1220023_2019012920182538c.jpg


こうしてペースト状にしたものを加えた
「カルナータカ風茄子のマサラ胡麻風味」。


P1220031.jpg


参加者一同先生を囲み、
お料理が出来上がるのを眺めています。


P1220041.jpg


最後に先ほどの胡麻&ナッツペーストを加えればできあがり!

これがまたクリーミーな風味とほのかな甘みの中に
しっかりとした辛さがあって、食べだすと止まりません。
このお料理につきましては先の↑お弁当の日の
朝食プレートに出ています。

黒胡麻でもOKとのことなので、
自分ではそれを試してみようと思っています。


P1220037.jpg


ラストとなる3品目は
「アーンドラ風海老のスパイス炒め」。
なんですが、今回は先生のひらめきによりこちら、


P1220034.jpg


メカジキも入っています。
この辺りも鮭なんかに変えても良いかも…と、
個人的に思っています。
普段はアレンジなるものがあまり得意ではない自分ですが、
インド料理となるとそれができてしまう。
このあたりもインド料理にはまっている理由かもしれません。


P1220042.jpg


こちらの料理もまずはマサラづくりから。
とはいえ、カレー用のマサラほど濃い茶色に炒める必要はないので楽。
こうして出来上がった海老炒めは…


インドは美味い!海老のスパイス炒め弁当。 - 毎日のお弁当

【本日のお弁当】□アーンドラ・プローン・フライ(アーンドラ風海老のスパイス炒め)□茹で人参のニンニク風味□なんちゃってからすみ入りポテサラ□茹でアレッタ□白ごまごはん□W団子入りタイ風スープ【本日の弁当箱】うるし劇場 加藤那美子 まる重(お弁当箱) 七宝柄 小サイズ各国料理に合う海老、最高!...



この日のお弁当に入りました。
いつもは作り立てをいただいてから帰るのですが
この回は諸事情あって、作り終わったところで失礼したもので。

来月はタイ料理教室がお休みの分、
インド料理教室多めで行く予定です。
といいつつ、他にも気になるレッスンが多々あり。
実際どうなるかはその時の気分とスケジュールにより、ということになりそうです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
2019年もインド料理愛は続く。



関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply