FC2ブログ

28平米の1K食堂。

ARTICLE PAGE

初めてのベトナム料理教室、具たくさんなブンチャーに大満足!@Quyenさんのベトナム料理教室(乃木坂)

2019-04-30.jpg


ベトナム料理と聞いて思い出すのはまず生春巻き、
それからフォー、バインミー、そしてバインセオなど。
甘いコンデンスミルクがたっぷり入った
ベトナムコーヒー、なんていうものもありました。

ところが、いざ自分で作るとなると、
はてさて、何をどう作ったらベトナム料理と言えるのか、
頭の中は「?」でいっぱい。
ここは素直に習いましょう!とベトナム出身の先生のクラスに参加してみました。


にほんブログ村 料理ブログへ
タイ料理との違いも知りたい。

P4300024.jpg


今回のレッスンは
□Cha Gio (Fried Spring Rolls)
□Bun Cha (Vermicelli Salad With Lemongrass Pork)
□Banh Chuoi Hap Nuoc Cot Dua (Steamed Banana With Coconut Cream)
□Cha Sau Va Rau Cau (Milk Tea With Agar)
これにウェルカムドリンクと食後のベトナムコーヒーが付きます。

で、メニューがなぜ英語かと言いますと、
今回の先生の母語が英語で、
レッスンもレシピもすべて英語なため。


ブンチャー(おいしいベトナムのグリルポークとライスヌードル, 揚げ春巻き, ココナッツソース入り蒸しバナナケーキ, 寒天入りミルクティー (ベトナム料理のTadaku料理教室)

好きな外国の料理・文化・言葉を体験しよう!Tadakuは、外国人の自宅で、英語や日本語を使って、外国人と楽しくお話しながら学ぶ料理教室です。日本でホームステイみたいな体験ができる!


今回参加したクラスはこちら。


参加者は英語が話せる方もそうでない方もいましたが、
先生がとにかく優しくて明るくて気遣い最高!なので、
たとえ英語がわからなくても楽しい時間が過ごせます。


P4300025.jpg


こちらは揚げ春巻きを作っているところ。
具材は豚ひき肉、春雨、キクラゲ(レシピに「Dried wood ear mushroom」ってあって、何かと思った…笑)
玉ねぎ、にんじんと日本でも同じものものばかり。
ただし、味付けに塩コショウだけではなく
砂糖が入るあたりがベトナムらしいのかと。
タイ料理でもよくお砂糖を使いますが、
ベトナム料理もそうなのかな。


P4300032.jpg


お次は春巻き包み。
先生より巻き方を教わります。
日本では平べったい形にしますが、
ベトナムはスティック状にするとのこと。
空気が入らないようにきっちり巻くのがポイントなのは共通かな。


P4300031_20190502194016dd1.jpg


ここまできたら熱した油で揚げるだけ、なのですが、
初めにベトナムのえびせんを揚げます。
これが油に入れたそばからぶわーっと広がって
見ているだけで楽しい作業です。


P4300034_20190502194020bbb.jpg


はい、Fried Spring Rolls できあがり♪


P4300052.jpg


盛り付けはこんな感じで。


P4300027.jpg


次はレモングラスの香りがポイントの
グリルポークを作ります。
このお料理はレモングラスやニンニク、
ナンプラー(ベトナムだとニョクマム?)などが入ったタレに
豚肉をマリネして焼くのですが、
これぞベトナムの味!という感じ。


P4300033_20190502202920c52.jpg


お肉はこうしてねじりながら竹串に刺し、
その状態でソテーします。


P4300042.jpg


これ、日本人も絶対好きな味です。
日本の生姜焼きもいいけれど、
ベトナムのレモングラスポークも美味い!

ちなみに、こちらはベトナム式ライスヌードル、
ブンチャーにトッピングして、麺と一緒にいただきます。


P4300055.jpg


最後にデザートのココナッツソースがたっぷりかかった
蒸しバナナケーキを仕上げて、


P4300047.jpg


ベトナムコーヒーを淹れて、


P4300057.jpg


ココナッツ寒天入りの
ミルクティーを準備すれば本日のお料理、
全て完成ですヾ(*´∀`*)ノ


P4300041.jpg
📷揚げ春巻き。


P4300044.jpg
📷具沢山のブンチャー。野菜もたっぷり摂れます。


P4300040.jpg
📷簡単で美味しい蒸しバナナケーキ。


P4300051.jpg


ブンチャーにも春巻きがのっていますが、
これは食べる直前にキッチンバサミでカットして(!)、
麺と絡めながらいただきます。
グリルポークも同様で、
串から外して器の上でチョキチョキ。

この麺には春巻きに添えたのと同じ
オリジナルドレッシングがかかっているのですが、
甘酸っぱ辛いのはタイ料理と共通。
ですが、その味がちょっとタイ料理のそれとは違うのです。
タイ料理よりも少し甘味が前面に出ていて、
味わいも優しく、あっさりしている印象。


P4300061.jpg


作っている最中ももちろんですが、
食事をしながらの先生との会話も楽しかったなー。
参加者のおひとりが、以前ベトナムを訪れた際に食べた春巻きは
もっと皮がクリスピーだった…という話をしたら
それ、ストックがうちにたくさんあるから!と
全員にプレゼントして下さいました。
しかも、ベトナムコーヒーを淹れるフィルターまで!

最高に楽しくてお料理が美味しい上に、
お弁当にも向きそうなおかずをいろいろ習えるので、
スケジュールが合えばまた参加します!


P4300058.jpg


レッスン後は新国立美術館へ移動し、
地下1階の休憩スペースでしばし放心。


P4300059.jpg


お天気がイマイチなせいで
頭痛が出てしまったのですよ。
よって、ここで薬を飲み、治まるまで仮眠(ほんとに寝た)。
30分ほどで良くなったので、その後は美術館での時間を満喫しました!

今日の午後になってようやくお天気が回復。
明日からは良い天気が続くようなので
引き続き、お料理三昧のGW、満喫します。


にほんブログ村 料理ブログへ
いよいよGWも折り返し、すでに終わりを感じて寂しくなっているのは私だけ?

関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply