28平米の1K食堂。

毎日の美味しい記録。

漫画に見るような巨大チーズ。

パルミジャーの.jpg


スーパーセールでのポチネタを中心にここ1週間ほど綴っていますが、
まだまだネタは尽きません。
今日は届いたチーズのお話。
購入先はこちら。








オリーブオイルとバルサミコを注文した「ハイ食材室」さん。
売れ筋ながらも今まで購入を見送っていた
パルミジャーノととろけるミックスチーズ。
今回一度試してみよう!と一緒にかごに入れました。

最初の写真ではわかりにくいかもしれませんが、
チーズの1キロって相当なサイズ。





この価格を見て「高い!」と思わるかもしれませんが、
デパ地下のチーズ専門店では200g1400円ほどなので、
通常このサイズだと7000円を超えます。
なので計算するとかなりお買い得。


P6093387.JPG


それを幾つかに切り分けて、
すぐに消費する分を残しあとは冷凍庫へ。
今日はこのパルミジャーノレッジャーノが主役!
な気持ちでパスタを作りました。
夏にぴったりの冷たいパスタです。

使うパスタは個人的に好きなフェデリーニ。


P6093385.JPG


吉祥寺のカーニバルという輸入食材店で購入した缶入り。<
中身を食べつくした後も容器は保存缶として利用しています。





冷製パスタではこれよりも細いカッペリーニを使う場合も多いのですが、
細すぎる麺は歯ごたえがなさすぎてあまり好きになれず。
この太さが良いのです。

ちなみに、温かいパスタも私はフェデリーにを使います。


パルミジャーの1.jpg


今日の具は焼いて皮をむいた茄子とパプリカ、
そこにちぎったバジルと細切りにした生ハムを加えたもの。


P6093344.JPG


味付けはみじん切りのにんにく、
塩、オリーブオイル、バルサミコでシンプルに。





ちなみにワタクシ「塩マニア」でもありまして、
現在13種類の塩を揃え、料理によって使い分けています。


P6093345.JPG


具の味付けに使ったのは沖縄の「さんごマース」。





粒状でカリカリとした食感が面白いこの塩は
魚介類や甘い野菜と相性がいいので、こういった料理に使うほか、
お刺身にパラリと振りかけていただいたりもします。
(割と辛めなので控え目に)


P6093382.JPG


他にはこんな塩もあります。
パスタを茹でる時専用のもの。
サルトピッコロというのですが、
お湯1リットルに対してタブレット1つ入れて使います。
特に味がどうということはないので、
もっぱら友達が遊びに来た時の話題作りですね。





余談はさておき、茹であがったパスタを氷水で締めたら
水気をしっかり切って、
具と合わせて盛り付ければ…


P6093389.JPG


完成!ではありません。
先のパルミジャーノをせっせとおろしてたっぷりかけます。


P6093392.JPG


今度こそ完成です!
この冷製パスタは数年前に通っていたお料理教室で習い、
以来すっかり気に入って、時々作るリピート率の高いレシピです。

ここからおまけ。今日パスタを盛り付けたプレートは
デンマークの「Nymolle/ニュモール」という窯のヴィンテージ。
イラストのデザインはBjørn Wiinblad(ビョルン ヴィンブラッド)です。


P6093379.JPG


数年前の秋にエルデコで見て初めて知りました。


P6093381.JPG


彼の緻密で独特なイラストは、一度見たら忘れられません。
このお皿も本来は飾り皿のようで、
高台部分には針金を通すための穴が空いています。
が。相変わらず、そんなことはお構いなしにテーブルウェアとして使用中。

北欧のデザインはいずれの国のものも魅力的ですが、
知れば知るほどデンマークが頭一つ抜けているかな、
そんな気がするようになりました。


ランキングに参加しています。
応援クリック☆よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://281k2.blog.fc2.com/tb.php/145-141aaa13
該当の記事は見つかりませんでした。