28平米の1K食堂。

毎日の美味しい記録。

ピーマンの肉詰め弁当。と見栄え良し弁当のコツ。

P2256252.JPG


昨晩は400gの合い挽き肉でハンバーグ種の仕込み。
その種を使った第1弾が「ピーマンの肉詰め」です。
残りはいくつかのハンバーグと肉団子に変身。
こちらは今週のお弁当に追々登場する予定。


P2256247.JPG


昨日のお弁当のために作ったほうれん草のバター炒めはカップに入れ、
上から温泉卵を落としてオーブントースターで焼いてみました。
卵とほうれん草、相性よし!

そしてメインの肉詰め。


P2256248.JPG


その奥に見えるのはこれまた昨日のホットサンドの具、
ツナフィリングに、ほうれん草炒めを作った際に使用したコーンの残りを混ぜ、
ワンタンの皮で包んで焼いたもの。

これが熱々でも冷めても美味しくて感激!
(酒の肴にもぴったり。…生憎自分は下戸ですが。。)


P2256246.JPG


そして本日使用したお弁当箱は
白木の曲げわっぱといえばこちらでしょう!





柴田慶信商店の長手弁当、サイズ大です。
幅が29cmほどあって、一般的なお弁当用バッグには入りません。

よってこのお弁当箱を持って行く日は
メインの鞄を大きめのトートにして、
その底に入れていきます。

ウレタンや漆が塗られたものに比べると、
少々手入れに気を使いはしますが、
中に詰めたものが(特にご飯!)他のどのお弁当箱を使うよりも美味しいし、
何より「詰め下手」な私でもこの長手弁当だと
ちょっと腕前が上がったような気持ちになります。

見栄え良し弁当のコツ其の壱はお弁当箱選びにあり。
ということで、そんな見た目美人度を上げてくれるお弁当箱が
もう少し欲しいなぁ…との思いからただいま購入検討中なのがこちら。





人気のお弁当本、「丸の内弁当」でも使われている
公長齋小菅(こうちょうさいこすが)の
竹の積層材を使用した角型の「一段弁当箱」。





お値段も白木の曲げわっぱなんかと比べたらだいぶ可愛い!
しかも竹製&ウレタン塗装だから扱いやすそうです。

そして見栄え良し弁当のコツ其の弐は…


P2246244.JPG


シンプルなおかずカップです。
いろいろなお弁当本を眺めてみると、
特に大人女子が手がける素敵弁当はカップがシンプル。
あるいはその姿が見えないような詰め方がされています。

本日は早速ひじきの煮物をこちらに詰めてみましたが、
白木のお弁当の詰め上手に見せてくれるマジックと相まって、
だいぶ良い雰囲気になったと思うのですがいかがでしょうか。


P2246245.JPG


色とりどりのおかずカップが入っていた場所に収まる白カップ。
なんだか引き出しの中まですっきり。

そんな各種アイテムの力も借りつつ、
ちょっとずつうまくなれたらなと思うお弁当づくり、でした。



お手数ですが最後に応援クリックもぜひお願いいたします☆



関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

TAMAKI-M says..." Re[1]:ピーマンの肉詰め弁当。と見栄え良し弁当のコツ。(02/25)   "
ひろぽんさん
コメント&情報ありがとうございます。確かに、角が直角ですものね。洗いやすさは考えていませんでした。でも「美しさにうっとり」という言葉から、その欠点に目をつぶってでもやっぱり欲しい!と思ってしまいました。お手入れが簡単というのもまた魅力。購入したらどんなお弁当にしようか、既に妄想が始まっています(笑)。
2015.02.27 21:34 | URL | #79D/WHSg [edit]
ひろぽん says..." Re:ピーマンの肉詰め弁当。と見栄え良し弁当のコツ。(02/25)   "
はじめまして^^
小菅の四角い竹のお弁当箱使ってます。
洗いやすさを考えると角ばってるのは欠点なんですが、美しさにうっとりします。
半年ほど使ってますが、手入れは手洗いで問題ありません。
2015.02.27 17:12 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://281k2.blog.fc2.com/tb.php/234-fc55e0b4
該当の記事は見つかりませんでした。