28平米の1K食堂。

毎日の美味しい記録。

宮城名物「はらこ飯」でおうち定食♪

P9210017.jpg


「はらこ飯」とか「ずんだ餅」とか「芋煮会」とか…。
東京にきてそれらが全国区ではないことを知りました。

にほんブログ村 料理ブログへ

今日は旬を先取りして「はらこ飯」に。



P9210001.jpg


はらこ飯を炊いている間におかずを準備。
間もなく炊きあがり!というところで飯椀選び。

今日はどれにしようかな…と迷う楽しみ。


P9210002.jpg


選んだのはこちら、益子で作陶されている
松崎麗さんの飯椀。まだ東京に来たばかりの頃、
「代官山暮らす。」というお店にふらりと立ち寄り、
開かれていた飯椀展にて購入したものの一つ。
当時は松崎さんもまだご結婚前で石崎さんというお名前でした。
ちなみにお店の方は神楽坂にお引っ越し。
そういうのを知ると時の流れを感じます。
(この話、以前別ブログの方にも書いています。)

ただ今そのお店では「ワインとおつまみー十五夜を愉しむ器ー」を
開催中!いいなぁ。これから行こうかな。

【神楽坂 暮らす。】


P9210005.jpg


そうこうしているうちに完成しました、はらこ飯。
でもこれじゃあ「はらこナシ飯」。
先に作っておいたいくらの醤油漬けを
惜しみなく、惜しみなく、たっぷりのせれば…


P9210009.jpg


完成なのであります♪

今日のレシピはちょっと味濃いめ。
納得がいかないため、作り方はご紹介できません。あしからず。
なんとか今期のうちにマイベストレシピを完成させたいな。


P9210012.jpg


ごはんを炊いている間に作ったお味噌汁や


P9210014.jpg


副菜を小皿に盛り付け


P9210015.jpg


漆のお盆に乗せたら…


P9210006.jpg


「はらこ飯定食」の出来上がり☆

「はらこ飯」と言えば、宮城に住んでいた頃、
秋になると荒浜にあるその名も「あら浜」というお店に行って
家族みんなではらこ飯をいただくのが楽しみでした。
ところがそのお店、東日本大震災で被災、
お店を続けられない状態になってしまいました。

でもしばらくして、仙台市内の中心部ほど近くで
お店を再開されたとの話を聞き、大変うれしく思ったことを覚えています。

仙台というと「牛タン」が有名ですが海の幸も美味しいので、
ご旅行等の予定がある方はぜひ足を運んでみてください。


P9210019.jpg


残ったいくらは醤油を切って小分けにし、冷凍庫行き。
こうしておけば食べたい時にいつでも食べられます♪
お正月用のいくらもお値段が安い秋口に買って、
仕込んでおくのが我が家流。

ちなみに、この形状ですと、
お弁当に添えることもできるのです(*´▽`*)。


にほんブログ村 料理ブログへ



関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。