28平米の1K食堂。

毎日の美味しい記録。

【曲げわっぱ高久】丸型弁当2段

P8310061b.jpg


内側に漆を塗られた曲げわっぱ、というと
最近は【秋田蕗だより】さんで購入した
「杉工房浅井」さんの一段のものを使うことが多いのですが、

【杉工房浅井】曲げわっぱ 漆塗り弁当箱 丸型
【杉工房浅井】曲げわっぱ 漆塗り弁当箱 小判型

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

私が初めて手にした内側に漆、のお弁当箱はこちらなのです。
秋田にあった「曲げわっぱ高久」さんの2段弁当箱。




P4126797.jpg


このタイプの2段弁当箱は他の工房さんでも作られていますが、
高久さんのものは使い手のことをよく考えていて、
色やにおい移りが気になるおかず入れとその蓋の内側にのみ、
漆塗りを施しています。


P4126791.jpg


この塗りがまた職人技、と呼ぶにふさわしいクオリティで、
漆が溜まったりしやすい隅もきっちりと仕上げられていて、
もちろん気泡なども一切見られません。


P4126792.jpg


中には漆にいろいろなものを混ぜて(それでも「漆塗り」と謳えるそうです)
艶やかに仕上げているものも多くありますが、
こちらは最初から一切その手の混ぜ物の臭いがしませんでした。
聞くと下地から漆だけで仕上げているそう。納得です。


P4126794.jpg


そして嬉しいことにごはんを入れる下段は白木のまま。
お昼にはほんのりと杉の香りが移った極上のごはんがいただけるのです。


_6230006bb.jpg


こちら、それ相応のお値段はしました。
清水の舞台から飛び降りるつもり…というか、飛び降りました(笑)。
でも購入当時、一度これを見てしまった私は、
他のモノを手にする気になれなかったのです。

女性向けのお弁当箱としては
ごはん入れの部分の容量が相当多く、
ちょっと空間を持て余し気味ですが、


P5097194b.jpg


それでも美味しいのは白木効果、です。

そして非常に残念なのですが、
このお弁当箱を作られていた高久さん、
大舘曲げわっぱ協会のHPにて、
今年2015年の3月に閉店し、退会したとのお知らせがありました。


P4126789.jpg


閉店の詳しい事情こそわかりませんが、
こちらの工房でお仕事をなさっていた方が
また別のところででも高久さんと同じように
丁寧な仕事をしてくださることを願ってやみません。

そして、もうこの世にあるだけ、となってしまった高久さんのお弁当箱、
その所有者の一人として大切に、大切に使っていきたいと思います。

★ベントウバコ履歴書★
作者:曲げわっぱ高久(2015年3月閉店)
素材:天然秋田杉、(内)漆塗り
サイズ: (上段) 121×40mm  (下段) 128×106mm
容量: (上段) 459ml (下段) 517ml


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ







関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。