28平米の1K食堂。

毎日の美味しい記録。

【滴生舎】 弁当箱(角) 溜

P7130015b.jpg


お弁当箱を揃え始めた頃からずっとずっと憧れていた
岩手県は滴生舎のお弁当箱。
扱っているお店を見つけ問い合わせるも、
半年以上入荷がないとか、次の入荷があるかどうかもわからない…と言われ
諦めていた頃にようやく出会えた思い入れの強いものです。


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

P1250061.jpg


塗りたての漆は光を吸いまくるので、
とにかく写真が撮りにくい。


P1250070.jpg


そうそう。こちらが本来の色です。
一見すると黒にも見えますがこちらは「溜塗」。
赤や茶が混じったような深みのあるきれいな色。

こちらのお弁当箱の特徴は下段がたっぷりと深いコト。
丼ものなんかにも向いています。


P1250063.jpg


一方の上段はこのとおり、浅いのですが…


P1250069.jpg


蓋に高さがあるので、
おかずを欲張ってこんもりと盛り付けても大丈夫!
潰れることなくきれいに持ち歩けます。

そして、このお弁当箱のイチオシポイントと言えば
蓋が汁椀になること。


P1250064.jpg


このお弁当箱の日には
大好きなアマノのお味噌汁(フリーズドライ)も必ず持参します!





高台内には「滴」のサイン。


P1250068.jpg


漆を塗って間もないうちはこのように手跡がつきやすいのですが、
使い込むうちに艶が出て質感が変わり、
そんなこともなくなることは手持ちのお椀で確認済み。


P7200048b (2)


このお弁当の日にはご飯に何か添えるのが定番。
チリコンカンだったり、


P7200048b (1)


青椒肉絲だったり、
野菜炒めだったり。


P7050014b.jpg


ちょっとお弁当作りに疲れた日も
これを見ると創作意欲が湧いてくる!
そんな力をくれるお弁当箱です。


★ベントウバコ履歴書★
作者:滴生舎
素材:ミズメ、100%浄法寺漆塗
サイズ: 直径120×高さ122mm
容量: (上段) 170ml (下段) 350ml (蓋)400ml
重さ:350g


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
マニアな話に最後までのお付き合い、ありがとうございました。










関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。