28平米の1K食堂。

ARTICLE PAGE

【CHASSEUR(シャスール)】特価でゲットした「コクエル」で飯炊き。

PC170034.jpg


ボーナスで買ったもの第2段はシャスールのコクエル。
っていうか、時々利用しているファミリーセールサイトで
なんと、1万円を切るお値段!(高田社長風)

サイズ、深さ、蓋の形状、等々
あれこれ気に入りまして衝動買いしたシロモノです。
それがたまたまボーナスシーズンだった、という。
よって正直、ボーナスあんまり関係ないかも(笑)。


ブログランキング・にほんブログ村へ

PC170036.jpg


鋳物鍋はもっぱらストウブ派。
ルクルーゼも嫌いじゃないですが、
ちょっとファンシーな感じ、しませんか?
その点男前なビジュアルのストウブの方が
デザイン的に好きでして。

シャスールも柔らかな色合いといい、
全体的に丸を感じるデザインといい、
なんか乙女チックで今まで食指が伸びなかったのです。

が、これは色よし、内側黒もよし、ってことで
私の好みと合致。


PC170039.jpg


普通のお鍋よりも深さがあり、
底もなぜか丸みを帯びています。


PC170037.jpg


鍋の内側に入る形状の蓋は、
フチがところどころ凸型になっております。

ここまで来てようやく、この「コクエル」が何者か
調べてみました。(←買う前に調べろ。)

…したところなんと、これ、
飯炊き鍋と判明。
もちろん煮込み料理に使ってもよし、なんですが、
本来の用途通り、まずはごはんを炊いてみることにしました。


PC170059.jpg


研いだお米2合を鍋に入れ、
そこに水400ccを加えて1時間ほど浸水します。
新米ならさらに水の量を減らしても、とのことですが、
まずは基本の量で炊いてみます。

最初は「弱めの強火」(←この矛盾感ハンパない表現よ)で加熱。


PC170065.jpg


で、しばらくすると蓋のところが
ブクブクしてくるので…


PC170068.jpg


火を極々弱火にしてここから10分。


PC170070.jpg


その後コンロから外して10分蒸らせば…


PC170072.jpg


この通り!もっちり艶々の白飯、炊きあがりました♪
では早速実食!…の前にいつもの作業を。


PC170076.jpg


1食分ずつ小分けにして即冷凍です(笑)。
そして肝心の味見ですが、


PC170077.jpg


鍋底に残ったものをいただきました。

そのお味ですが、いつもの「ごはんはどうだ」で炊いたものより
もっちりしていて少し粘りがあります。
香りも甘味も強く、
かといって変にベタベタはしておらず、
これ、非常に美味しいです!





いやー、よき買い物をした。
蓋のフチの凸からすると、
無水調理向きではないかもしれませんが、
飯炊き鍋としては非常に優秀です。
以後

あっさりごはんが食べたい→ごはんはどうだ
むっちり甘いごはんが食べたい→コクエル

と、使い分けていきたいと思います。


コクエル - CHASSEUR(シャスール)

少量のご飯もおいしくふっくら! シャスールから、コンパクトサイズのライスココット“コクエル”が2016年10月発売になりました!



コクエルはAmazonや楽天では扱っていない模様。
シャスールのオンラインショップか専門店、
もしくはファミリーセールサイトをチェックしていると
2か月に一度のペースでシャスールのセールをやっているので、
もしかするとまた登場するかも…です。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply