28平米の1K食堂。

ARTICLE PAGE

「コトラボ@阿佐ヶ谷」で美味しく学ぶクリスマス(前編)

PC230048_2017122421134909c.jpg


「クリスマスは“らしからぬ”場所で充実した時間を」が今年のテーマ。
たくさんの人が街に繰り出すクリスマス。
何か買うにしても食べるにしても、
人混みや行列覚悟、なんてもう無理(…な年齢)。

ならば今年はあえて「クリスマスにそんなことしちゃう?」と
ヒトサマから言われるようなことをしよう!と決意。
そして選んだのは言わずと知れた生活情報雑誌、
「オレンジページ」が運営するお料理教室、「コトラボ」です。


ブログランキング・にほんブログ村へ



もう何がきっかけだったか思い出せないのですが、
「コトラボ」の存在を知ったのは先週のこと。
日々のお料理はもちろん、晴れの日の料理、
お菓子&パン作り、季節の手仕事、
会いたい人に会えるクラス…などなど
とにかくコースが盛りだくさん!

入会金もなく、いずれも1回完結型なので
予定が合えばすぐに申し込める手軽さもあって、
これはよさそう!と思われるクラスに即申し込みました。


PC230040.jpg


昨日は「日々のごはんを作りおき」クラスに参加。
メニューは
□和風ミートローフ
□大根とリンゴのマリネ
□根菜のきんぴら

ミートローフならクリスマスにもぴったり。
しかもお弁当にも良さそうでしょ。


PC230041.jpg


こちらのクラスではすべてのメニューを
最初から最後までひとりで仕上げます。
ただ、材料はすべて必要な分量が用意されているので、
これだけでもかなり楽ちん。


PC230045.jpg


もちろん調味料だってこの通り。


PC230042.jpg


まずは40分焼かねばならないミートローフから。
鶏ひき肉を使った芽ひじきいりのヘルシーなミートローフです。
かまぼこ型に成形したお肉は上部に窪みを作り、
そこにサラダ油を流しいれて焼くのがジューシーに仕上げるコツとか。


PC230044.jpg


その間に根菜のきんぴらを作ったり…


PC240009.jpg


もういくらでも食べられちゃう美味しさ!な
大根とリンゴのマリネもささっと仕上げます。

お料理って知っていると便利なこと、
美味しく仕上げるコツなんかが多いのに、
自己流でやっているとそれを学ぶ機会がなくて。
昨日も新たに知ったことがたくさんありました。


PC240004.jpg


こちら、焼きあがったミートローフです。
実は撮影したのが今朝なので、
焼きたてのつやつや感がちょっと消えてしまっているのが残念。

…というより、このミートローフがなぜ家に丸ごとあるかと言いますと、
なんと!この「日々のごはん作りおき」クラスは
自分が作ったものすべてお持ち帰り、なのです!


PC240002.jpg


ジップロックの大きなコンテナが3つ用意されていて、
それぞれのお料理を入れてそのままお土産、となる嬉しい仕組み。

最初の写真は試食用として準備されたものですが、
そちらは先生が作ったものを参加者皆でいただくのです。

ちなみにコンテナーに貼ってあるマステですが、
こちらも「コトラボ」さんで準備してくださったもの。
「日付を書いておくと冷蔵庫に入れた後に忘れることがないですよ」と
先生からアドバイスをいただきつつ、レッスン中に書き込みました。


PC240040.jpg


こちら、今日の夕飯で切り分けました、の図。
レンジで温めて食べたのですが
レンジ加熱もなんのその。柔らかくてウマイ!
レッスンで作った照り焼き風味のたれは使わず(←お弁当用にする魂胆)、
胡麻ポン酢をかけていただきました。
和風なだけあってポン酢との相性も抜群ヾ(*´∀`*)ノ。

レッスンはとにかくわかりやすい。
説明も実演も丁寧だし、
その上先生が、ひとりひとりの様子を見てアドバイスをくださるので、
お料理初心者の方でも楽しく受けられると思います。
そして、私のように料理が好きな人間にとっても
勉強になることたくさん!
…と非常に楽しかった「コトラボ」、
実は本日も引き続きまた別のレッスンに参加しております。
その内容や「コトラボ」内部の様子などはまた「後編」で。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

環">

regendogさん

川上弘美さんと言えば、
芥川賞を受賞した時に『蛇を踏む』を読んで、
その後『センセイの鞄』を読んで…
以来きっと十数年ご無沙汰です。
短編集『おめでとう』、明日探してみます。
どんな内容かな。楽しみです。

のし鶏、確かに。
ただ卵が入らないので食感は
だいぶふんわりしています。
美味しいですよ。
そして、お弁当に登板したは良いものの、
まぁ緑のない残念賞な仕上がり。
今週中にまた別の食べ方を考えているので、
そちらは乞うご期待!と言っておきます。
おかずをたんまり作ったのに、
気分はもうお休みモードで、
珍しく明日もお弁当を作ろうかどうしようか、
今から悩んでいたりします。

2017-12-25 (Mon) 22:03 | EDIT | さん">REPLY |   

regendog

「クリスマスは“らしからぬ”場所で……」のくだりで、とある小説を思い出しました。
川上弘美さん著『冷たいのが好き』(短編集『おめでとう』収録)、です。
詳細は明かしませんので、宜しければ図書館などでお手に取ってみて下さい。文庫版(新潮文庫)もありますよー。

今回作成された和風ミートローフ、おせちの「のし鶏」の趣もありますね。
お弁当に登板するのが楽しみです(ソースも)、どんなおかずと合わせられるのかなー。

2017-12-25 (Mon) 15:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply