FC2ブログ

28平米の1K食堂。

ARTICLE PAGE

年越し蕎麦ならぬ年明け蕎麦。

P1010022.jpg


新年あけましておめでとうございます。
今年こそは更新を途絶えさせることなく、
日々の美味しい出来事をここに綴りたいものです。

さて、迎えた2018年の朝はお蕎麦からスタートです。
昨日の昼に食べたスペアリブが
思った以上に満足&満腹感があり、
晩に食べようと用意していたお蕎麦に
手を付けることができなかったのです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
P1010025.jpg


お蕎麦は「深大寺そば」。
具はきのこの出汁浸しと刻んだ茗荷、
それから昨日作ったスペアリブも
肉蕎麦をイメージしてほぐしてのせました。

この組み合わせ、思った以上に良くって、
残ったお蕎麦とスペアリブもまたこうしていただくことに決定。


P1010032.jpg


そして、薬味は京都祇園は「原了郭」の黒七味。
最近は普通の七味よりもこの黒七味の風味が気に入っていて、
もっぱらこればかり使っています。
東京でもちょっと良いもの置いてる食料品店や
デパ地下で売ってはいますが、
今年は京都のお店にお邪魔してみたいな。


2018-01-01.jpg


そして、お正月と言えば!なぜんざいもいただきました。
宮城の一部地域では、
雑煮とぜんざいが元旦から食卓に並ぶんですよ。
鏡開きでぜんざい、という県もあるみたいですね。
この「あんころ餅」(…が「ぜんざい」の私が生まれ育った地域の呼び方です。)のために
小豆を煮ようかとも思ったのですが、
煮たら煮ただけ食べちゃうので、
今回はレンジ加熱でお餅やわらか!な
レトルトを買ってみました。

株式会社郡山製餡(福島)さんが手がける
and3シリーズのぜんざい。
パッケージがおしゃれですよね。
もう完璧にそれに惹かれました。


2017-12-312.jpg


さて、今日は家でゆっくり過ごしながら、
2018年はどんなことがしたいかな…と
あれこれ楽しくノートに書き留めていました。
そのうちいくつ実現&実行できるか。

今年は「行動力」を自分のテーマにして
1年を過ごしてみようと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

To もるさん

明けましておめでとうございます。
そして、またこうして遊びにいらしていただいて、
コメントまでくださって、本当にありがとうございます。

もるさんからのコメントを読んで自分自身のことを振り返ってみたのですが、
私も同じく、20代までは「暮らし方」なんてことを考えてみたこともありませんでしたし、
周囲に「こんな生き方をしたい」と思わせてくれるような人はいませんでした。
それが、もうそろそろ30代を迎えるという頃に、
お料理はもちろん、フラワーアレンジメントや音楽をたしなみ、
慈善事業や地域活性化のための活動にも積極的という
自分の親と同世代の女性と出会いました。

比較して申し訳ない…と思いながらも
親と同じ頃に生まれて、同じ時代を生きて、
でもこんな考え方をもって実践する人生を送っている人もいるのだ…と
感動を通り越して衝撃でした。

その方と縁あって親しくさせていただき、
様々なものを見せていただいたことが
今の暮らし方のベースになっていると強く感じます。

もちろん、無意識にだとしてもそれを選び、行動したのは私自身です。
「自分もどんどんいいと思ったものを取り入れて動く一年に…」と
コメントの中でもるさんがおっしゃっていますが、
私やこのブログのことはさておき、そう感じられたご自身の気持ちを大切に
ぜひぜひそうなさってみてください。
きっと何かが変わったり、自分の世界が広がるきっかけが得られると思います。
そして、2018年、私自身もぜひそうありたいな…と
もるさんのコメントを読んでいて強く思いました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

2018-01-02 (Tue) 08:27 | EDIT | REPLY |   

もる

明けましておめでとうございます

お言葉に甘えてまたコメントをさせていただきます。
問題があるようでしたら削除なさってください。

本当に眼福と申しますか、とにかく「綺麗!」の一語です。
新年ということもあってか、いつも以上に清々しく透明感あふれる食膳で憧れます。
日常をこれほど美しく清らかに過ごされているのに、それが苦労自慢やみせびらかしになっていないのがすごいです。
本当にシェアしてくださってどうもありがとうございます。

こちらのブログで知った食材や生活面のアイデアがたくさんあります。
今年は憧れてうっとりばかりしていないで、自分もどんどんいいと思ったものを取り入れて動く一年にしたいなあと思っていました。

こんなにやる気になったのは生まれて初めてかもしれません。
まわりに、このように豊かに美しく楽しんで生きている人がいなかったせいもありますが、何よりそれがもう「当たり前」になっているお姿を知ることができたこと、それが一番大きな目覚める機縁になったと思います。

わたしもよく生きるため励みます。だって、楽しそうだもの!

年明けから内心の吐露で失礼かとは存じますが御寛恕ください、、
静謐で明朗でいきいきとした光に満ちたこのブログの、記事の完成度の高さに、コメントは本当に野蛮な乱入に感じます。
カッコよくて最高です、なんて素敵なんでしょう、憧れますと、それだけなんです。閲覧なさっている方はきっと全員そう思っていると思います。
いいねボタンがあったら朝まで押します。

今年も素晴らしい一年であるように祈っています。感謝です。

2018-01-02 (Tue) 00:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply