FC2ブログ

28平米の1K食堂。

ARTICLE PAGE

野菜入り豆カレー、サンバルから始まる2018。

P1010044_20180102200908096.jpg


本年の本格的料理事始めは
南インド料理菜食の定番とも言える「サンバル」。

このサンバルはカレーの一種なのですが、
私の食卓上での位置づけは
根菜たっぷり、豆たっぷりのスープです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

P1010001_201801022009024db.jpg


このサンバルを作るうえで欠かせない豆は
通常トゥールダルなるものを使います。

そこを今回はちょっとアレンジして、
トゥールダルとレンズ豆とロビア豆を「2:1:1」の割合でブレンド。
いつもなら洗った豆をすぐに茹でてOKなのですが、
ロビア豆が入ったので、数時間浸水させたのち圧力鍋で煮て、
それを根菜を煮込んだ鍋に加えました。

そうして完成したサンバルは…


P1010037_20180102200904bb9.jpg


直径22センチのストウブいっぱい(笑)。
トマトの代わりに自家製トマトソースを使っているせいか、
(そのトマトソースづくりの模様はこちら↓)


緑豆沙で朝ごはん。 - たまき食堂

昨日気分で作った緑豆沙(リュードウシャ)にジンジャーパウダーを加えた白玉を作り、朝からいただきました。甘さ控えめに作ったので、おしるこを食べてるっていうよりは豆がゆをいただいているような感覚でした。...



あるいは豆のブレンドが良かったのかはわかりませんが、
とにかく非常に美味しく仕上がりました!
これはちょっとお店でも出せるかも…。。。(←小声)


P1010041_20180102200907735.jpg


今日のサンバルに入ったお野菜は
茄子、大根、人参とパプリカ。
普通パプリカは加えないのですが、
野菜室に半分だけ残っていたので
「これもいれちゃえ!」といういつものアレです。

インド料理に限らずかもしれませんが、
味がボケないように塩をきちんと効かせるといいと、
去年行ったインド料理教室でも習いましたが、
スープの類は味を濃くし過ぎると
食べている途中で飽きてしまったり、
何より塩分耐性が低い私はその後のむくみにつながるため、
自分で作る時には少しお塩を控えめにします。

その代り。
ちょっと味付けが物足りないかな…という時には


P1010050.jpg


なんと、驚くことなかれ。
この「昆布茶」を最後にちょっと加えます。
今日のスープの量なら小さじ1~2ぐらい。
するとどうでしょう!
うまみ増し増し!のスープに仕上がるのです。

これ、ミネストローネなんかにも使える手ですので、
野菜メインなスープがどうもあっさりし過ぎて…という時には
お試しください。

そして、今日はごはんではなく
年末にレフェクトワールで買ってきたパンと一緒にいただきます。
この2つ並んだ手前のパンが特に美味しくて、
購入したその日から、
小腹が空いたら1切れ、という感じでいただいています。


PC300021_20180102200912a62.jpg


このシトロンバゲット、なるパン。
これで330円ですよ。
ちなみに下の木皿のサイズは直径24センチ。
それをはるかに上回る大きさで330円。
良心的なお値段もさることながら、
空気をたっぷり含んだバゲットと、
上に乗った柑橘系のコンフィチュール、
これ組み合わせがまぁ最高で。
今月どころか、今週中にまた買いに行く勢いです。

さて、これは今日の朝ごはんでして、
ランチは外でいただきました。
やっぱり福袋が買いたく、お出かけしたもので。


P1020034.jpg


今年は食品関係に絞って吉祥寺の各店を物色。
お手頃価格なものを3種類ほど買ってまいりました。
こちらについては本日のランチの様子と共に、
後日綴りたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply