FC2ブログ

28平米の1K食堂。

ARTICLE PAGE

さつまいもと黒ごまの厚焼き玉子弁当。

P6280005_201806282036459cb.jpg


【本日のお弁当】
□さつまいもと黒ごまの厚焼き玉子(西荻窪「のらぼう」レシピ)
□雑穀ごはん
□香港式チャーシュー
□紫玉ねぎの甘酢漬け
□キャロットラペ
□蛇腹胡瓜の中華和え
□ズッキーニとエリンギのコンカリー炒め

【本日の弁当箱】
岩手 浄法寺塗 滴生舎 弁当箱 朱(丸)


ブログランキング・にほんブログ村へ


P6280008.jpg


今日のメインはこちら。
昨晩焼いた厚焼き玉子ですよー。

レシピは西荻窪にある野菜が美味しいお店、
「のらぼう」さんのものです。





レシピはこちらによりました。
…が、さつまいもは常備菜として冷蔵庫にあった、
スパイシー炒めで代用。代用っていうか薩摩芋だもの、
多少スパイシーだってモーマンタイ。


P6280011_201806282036498f3.jpg


その背後にはコンカリー炒め、


P6280007_20180628203647cfd.jpg


ごはんには薄切りにした
香港式チャーシューをみっちり敷き詰めました。

もうきっと、今週はこのお弁当がナンバーワンの座を勝ち取ること
間違いなし!な美味しさでした。


P6280014.jpg


帰宅後は料理…と言いますか、
玄米を炊きました。

お米は無農薬や減農薬のお米のみ
厳選して扱っている吉祥寺の金井さんで購入。





それを今日はこちらの本に書かれていた
とおりに圧力鍋で炊いてみました。


P6280015.jpg


…というのも、今まで玄米を食べると
どうにもお腹が張ってしまい、
「きっと私には玄米は合わないんだな。」と思い込んでいたのです。

ところが、西荻窪にある「米の子」さんの玄米ご飯は大丈夫!
1度目は半信半疑でしたが、何度食べてもお腹が痛くならない!
ということで、「米の子」さんのご店主が
どうやら先の本の著者であるカノン小林さんに
マクロビ食をならったことを知り、ならば!と試してみた次第。


P6280017.jpg


じっくり時間をかけて柔らかめに炊きあがった玄米は
こうして飯台あけて、濡れふきんをかけて休ませます。


P6280020.jpg


お焦げもできて美味しそう。
この部分はスープに浸して朝ごはんに楽しむのだ。


P6280002.jpg


毎日暑い上にやっぱり忙しい日が続いていますが、
本当にあと2日、あと2日で一段落!
気を抜かず、土曜日まで頑張りますよ。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply