FC2ブログ

28平米の1K食堂。

ARTICLE PAGE

大蒜で王手!の「蝦のスパイシー炒め」@フィービー香港料理教室

2018-07-012.jpg


もはや毎月常備菜を仕込む日数より
料理教室に通う回数の方が多いのでは疑惑が浮上している環です。

昨日もまたまた、またしてもフィービー先生のお宅にお邪魔しちゃいました。
今回のレッスンは「我が家の晩ごはん」がテーマ。
「晩ごはんなので、すっごく早く終わっちゃいますよ。」と先生。
いつものようにメニューや食材の説明を伺うところからスタートです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


【本日のレッスンメニュー】
□スムージー
□蝦のニンニクスパイシー炒め(避風塘炒蝦)
□トマトと卵の炒め(番茄炒蛋)
□揚げ豆腐のあんかけ(琵琶豆腐)
□ご飯
□季節のデザート
□中国茶

どれも簡単とのことですが、
まずは「琵琶豆腐」と「避風塘炒蝦」の下ごしらえからスタート。
私は「避風塘炒蝦」にたっぷり加える大蒜のみじん切り担当。
その傍らでは…


P6300010_20180701184252e8b.jpg


「琵琶豆腐」のタネづくりが進んでいます。
お豆腐をベースに白身魚や蝦のすり身を合わせ、
さらに細かく切った具とお野菜などを加えて調味すればタネは完成。
ワンボウルでできるから再現も簡単にできそう!


今週の常備菜。暑いから「炒」でいこう! - 常備菜

窓を開けた瞬間にムワーッとした空気がまとわりつく朝。こりゃあいかん!外に出たら危険レベルの暑さ。こうなるといよいよお弁当が心配!ってなわけで、「炒」を中心にしたおかず6品を仕込みましたよ。【今週の常備菜】□南瓜のアンチョビガーリック炒め□琵琶豆腐□茄子のにんにく胡麻だれ和え□豆苗とジャガイモと搾菜の炒めもの□ズッキーニと合いびき肉の甘酢炒め□キャベツといんげんのポリヤル...




で、翌日(本日)早速作ってみた、という
すぐに復習する優秀な(食いしん坊な)生徒は私です。


P6300013_20180701184251006.jpg


先のタネを蓮華でなんとなく形を整えつつ揚げます。
これも非常に簡単。具材は火の通りを気にせずとも良いものばかりなので、
とにかく表面に良き色が付けばOK。
こういうの、揚げ物下手な自分には非常にありがたい。


P6300027.jpg


あとは好みで餡やソースをつけて召し上がれ。


P6300034.jpg


今回のレッスンの中で最も楽しみにしていた
「蝦のニンニクスパイシー炒め(避風塘炒蝦) 」。
手を動かすのと作業を見つめるのに夢中で写真無し。

テーブルに運ばれたところでようやく一枚。
このお料理につきましては「これさえあればビールが何杯でもいける!」美味さ。
(…と他の参加者の皆さんがそうおっしゃっていました。)
下戸の私に言わせれば「これさえあれば白飯が何杯でもいける!」です。
大蒜の香りも含め、非常に危険なメニュー。
作るとすれば「休日前夜限定」となること間違いなし(笑)。


2018-07-01.jpg


最後はこちら。
トマトと卵の炒めもの。
今までも自分で何度か作ったことがありましたが、
こんなに好みの食感&味は初めて!
食べ応えのある卵、適度に火が通った玉葱とトマト、
そこに絡み合う甘じょっぱいタレ。
これも今週、どこかで復習予定です。
(できたてが食べたいので常備菜には入れませんでした。)


P6300029.jpg


最初に先生がおっしゃっていたように、
あっという間に完成し、実食のお時間がやってきました。


P6300039.jpg


今日は大皿から各々食べたいものを取り分けていただく
まさにおうちの晩ごはんスタイル。

どれもこれも美味しくて、
箸が進む進む。夢中で食べていたら料理もごはんもあっという間に完食。
特にごはんなんて、気づいたらお茶碗が空っぽ、というありさまでして(;^ω^)。
またまた危険なメニュウを習ってしまいましたよ。


P6300041.jpg


もうお腹いっぱい…と皆で一息ついていると
先生が作り置きしてくださっていたデザート登場。
えーもう食べられないかも…といいつつ即口に運び、
甘いの冷たいの美味しいのと言いながら完食しました。

そして、昨日はお料理の他にもスペシャルが!
つい数日前まで台湾にとあるものを学びに行っていたという先生から、
その成果を見せていただいちゃいました。これはラッキーヾ(*´∀`*)ノ


P6300007_2018070119143909b.jpg


信じられないくらい可愛い&ハイクオリティーな
キャラまんじゅう。これ、線も点もすべてお饅頭なのです。


P6300005.jpg


おかずに添えて主食的にいただくものなので、
餡などは入れていないそうですが、これは可愛すぎる!
フィービー先生曰く「まだまだ」だそうですが、
すっごい上手です!また新作ができたらぜひぜひ見せて下さいね。

ということで、今回も大満足の香港料理教室でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

To 葉っぱさん

私はtadakuさんで香港料理教室を探しましたが、
先生皆さん東京の方ばかりでした。
関西にも香港出身の方は大勢住んでいらっしゃるでしょうから、
探せばあると思うのですけれど、
1回ごとに自分のスケジュールに合わせて自由に申し込める形となると、
なかなかないかもしれませんね。

料理に関しては本当にあっという間にできますよ!
そこもフィービー先生の魅力の一つなんです。

2018-07-25 (Wed) 08:09 | EDIT | REPLY |   

葉っぱ

どれもおいしそうです!!
わたしも近かったら通いたい!!そう思わせてくれるお教室ですね。
どこか関西圏にこういう感じのお教室がないものかしら・・・。

わたしが自宅で再現しようとしたら「あっという間」ではなくなっちゃいそうですが、
あっという間にできちゃう方には憧れます♪

2018-07-18 (Wed) 10:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply